【ウォーキングが「がんリスク」を下げるって本当?】

Y%20Yahoo%21%20Full%20Life%E3%83%9E%E3%82%AC%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%80%8C%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%8C%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%82%92%E4%B8%8B%E3%81%92%E3%82%8B%E3%81%A3%E3%81%A6%E6%9C%AC%E5%BD%93%EF%BC%9F%E3%80%8D2016.6.23.jpg

 

2016年5月16日、米国立がん研究所、米国立衛生研究所、

米国がん学会の合同チームによる研究で、ウォーキングなどの活発な運動を

週5日以上行なっている人は、ほとんど行わない人に比べて、

がん全体の発症リスクが7%低くなったとの研究成果を米医師会誌「JAMA」で発表しました。

 

研究チームは、19歳~98歳の男女約144万人の健康データベースを作成し、

生活習慣とがんの発症について11年間追跡をしました。

期間中に約18万7000人の方ががんになりました。

そして、追跡していた方々が自己申告した、日ごろの運動内容によって、

26種類のがんの発症リスクに差があるかどうかを分析した結果、

13種類のがんに運動との関連が見られました。

 

13種類のがんの発症リスクの低減を、差が大きい順から示すと以下の通りになります。

1、食道がん(42%)

2、肝臓がん(27%)

3、肺がん(26%)

4、腎臓がん(23%)

5、胃がん(22%)

6、子宮体がん(21%)

7、骨髄性白血病(20%)

8、骨髄腫(17%)

9、結腸がん(16%)

10、頭頸部がん(15%)

11、直腸がん(13%)

12、膀胱がん(13%)

13、乳がん(10%)

 

今回の研究で、運動ががん予防に役立つ理由は明らかにできませんでしたが、

運動をすると、様々ながんの発症に関係するホルモン値が低下することがわかりました。

特に、インスリンの値が抑制されたことが重要と指摘しています。

 

「どうしてインスリン値がおさえられるとよいのでしょうか?」

それは、がんの発症リスクが高くなるメカニズムのひとつに、肥満や運動不足によって

「高インスリン値」になることが影響していることがわかったからです。

これは、糖尿病の前段階です。

血液中のインスリン値が上昇すると、細胞の増殖や成長促進の働きをする

IGFという物質の活動が活発になります。すると、がん細胞の成長も促進されて

どんどん増殖されていくのです。

 

インスリン値は、血糖値が高くなると上昇しますが、運動をすると血糖値が下がるので、

インスリン値は正常になります。

また、男性ホルモンや女性ホルモンの分泌が乱れるとがん細胞が増殖しやすくなりますが、

運動をして体脂肪を減らすと、これらの性ホルモンの分泌が調整されて、

がん発症のリスクが下がると考えられています。

さらに、運動には、がん細胞の発生を誘発する「活性酵素」を除去して、

体全体の免疫力を高める効果があると言われています。

 

平成26年度の「国民健康・栄養調査」(厚生労働省)を見ますと、

わが国の運動習慣のある人の割合は、男性が31.2%、女性が25.1%でした。

年齢階級別にみると、男性では30歳代、女性では20歳代が運動習慣の

割合が最も低く出ました。

 

少しさかのぼりますが、世界保健機関(WHO)が2010年9月の会合で

公表した調査結果によると、なんと日本人は、15歳以上の約65%(およそ3人に2人)が

「運動不足」と結論づけられています。

これを他国の運動不足比率と比べてみますと、

米国43.2%

フランス33.0%

中国30.6%

ドイツ30.4%

     ・

     ・

     ・

     ・

     ・

日本65.0%

“劣等生”ぶりが歴然ですね。

 

次に、一日に歩く歩数の平均値ですが、男性は7,043歩、女性は6,015歩と、

この10年間で男性は減少し、女性は変化がありませんでした。

健康の指針の一つ「健康日本21」では、成人男性9000歩・女性8500歩以上を

一日の目安としています。

ちなみに65歳以上の場合は男性7000歩、女性6000歩を一日の目安と

していますが、実際は、65歳以上では男性5,779 歩、女性 4,736 歩と

男女ともに目安の数値よりも約1,300歩少ない値が出ています。

 

近年は、食品や商品のデリバリーサービスの活発化や、ネットショップの普及

などによって便利になり、人々が体を動かすことも少なくなってきているように思います。

しかし、便利になってもウォーキングを習慣にすることで、がんの発症リスクを抑制して、

健康的な生活を送ることはとても大切なことだと言うことができそうです。

 

これを機に、ウォーキングをはじめてみてはいかがでしょうか。

 

(執筆) 一般社団法人 任意後見サポートクラブ

事務局長 秋元美香利

 

(監修) 内閣府認証NPO法人 日本スマートライフ協会

理事長 佐々和亮

 

(参考資料) 厚生労働省 平成 26 年 国民健康・栄養調査結果の概要 http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10904750-Kenkoukyoku-Gantaisakukenkouzoushinka/0000117311.pdf